死生観

人生を終わりにしたい

と公言することと、登山することはどう違うのだろう?

年にどのくらいの割合で失敗している人がいる?

登山という行為自体が私にしてみたら他人に迷惑をかける自殺だろうって思ってるんだけど。

かなりの低確率の成功体験のための自己満足のために、一度滑落すれば救助隊が出動するわけでしょ?

その人達の生命を削る行為だと思うわ。

現在病とされる後天的に生活習慣で糖尿病になってるとかって人だって、自己自制が出来ないままに生きてて、それで社会保険料を無駄にするんでしょ?

それってどうよ?

そういう人に限って「生きたい」とかって生きることに必死になるけど、自分が自制出来ないから結局苦しむのだろうけどね。

ってことで、まぁ他人のことなんてどうでもいいのだけど、私の考えを否定されることに矛盾を感じてるだけなんだけど。

いろんなことの矛盾を感じながら生きるんだよね。